読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わくわくしたいお

わくわく感を大事にしたいです。

麻雀格闘倶楽部とアカギのコラボイベントをやる

www.4gamer.net

 

■仕事帰り、ラウンドワンのゲームセンターに寄ってみる。お目当ては、麻雀ゲーム「麻雀格闘倶楽部ZERO」と福本伸行作「アカギ」のコラボイベント。今朝、Yahooのニュースで見てからというものの気になってしょうがなかった。やっぱり、麻雀作品だとアカギが好きなぼく。しかし、麻雀格闘倶楽部は未プレイ。ゲーセン麻雀は、MJしかやったコトがない。

■麻雀ゲームをする前に「初音ミク Project DIVA Arcade Future Tone」を1回プレイする。サイハテはいい曲だなぁ。プレイ後は、すぐに麻雀コーナーへ

麻雀格闘倶楽部に使える「e-アミューズメントパス」というカードを持ってなかったのでノリで購入。300円。カードを筐体にかざすと、初回1プレイ無料という表示が出た。ラッキーだ。しかし、この無料プレイではアカギのイベントはできないという悲劇。それが目当てで来たんだよ...。しかも、その1プレイで1位になってしまう。裏ドラが乗っての倍満はデカかった。このプレイで5級に昇格。1位になったボーナスとして、また1プレイ無料になる。2回戦突入。アカギが遠い...。この時、閉店まで残り1時間。早くしないと...。

■2回戦目は3位。それでも4級に昇格。よしよし。負けたのに嬉しい。これでアカギのイベントができるぞ。100円を投入。ちなみにこの店は、100円で2クレジットだった。イベントは2クレジット必要というコトで0クレジットになる。

■結果は4位。点棒的には余裕があったが、トイメンから満貫直撃をくらいライフが0になる。点棒ではなく、ライフ。コンテニューをしようと急いだが、財布から100円を出すのにもたもたしてしまう。結果間に合わず。...無念。閉店の時間が来たため、帰るコトにする。

■初めてプレイした麻雀格闘倶楽部は面白かった。というか、このアカギのイベントが面白い。点棒とは別にライフポイントのシステムは緊張感がある。でも、MJもこんなシステムあったなぁ。ライフポイントが変動するのは、ツモとロンの時。この時に血を抜かれたアカギや鷲巣様のようにライフゲージが変動する演出もある。この演出が良く、まるで鷲巣麻雀をしているかのようだ。あと「ざわ...ざわ...」の演出も良い。これは近いうちにまたやりたい。仕事帰り、ゲーセンで癒されるのであった。

アカギ?闇に降り立った天才 1

1巻は何度読んでも良い。鷲巣麻雀はそろそろ終わってほしいな。いい加減長いYO!