読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わくわくしたいお

わくわく感を大事にしたいです。

焼きそばパンが教えてくれた「変わらない良さ」

 f:id:mocchanchan:20160328211630j:plain

今日、焼きそばパンを食べました。

 

ぼくが焼きそばパンを好きな理由を3つ上げます!

 

①炭水化物&炭水化物という夢のコラボレーション

 

まず、ぼくは炭水化物が大好きです。

ごはん、パン、ラーメンなど炭水化物はいつも最高だ。

いつもぼくを元気にしてくれる。癒してくれる。

 

そしてこの焼きそばパン。

「焼きそば×パン」という炭水化物の夢のコラボレーション。

映画で例えるなら

 

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」

US版ポスター バットマンvsスーパーマン Batman vs Superman us6 69×101cm 両面印刷 D/S

 くらい凄い組み合わせである。

(ちなみに映画はまだ観てない)

 

一言で満足感が大きい。

そもそも、パンはうまい。

そして、焼きそばもうまい。

この両者が組み合った時にまずいわけがないのだ。

 

数あるパンの中でも、焼きそばパンは満足感が大きい。

炭水化物×炭水化物のダブルパンチは凄まじいのだ。

(ラーメン×ライスもやばい) 

 

②安い

 

安い。

パン屋でも100円〜200円くらいで買える。

500円の焼きそばパンなどは見たコトがない。(あるのかもしれないけど)

 

それもそのはず、コッペパンに焼きそばを挟んでいるだけというものだからだ。

自分でも簡単に作れる。

でも、そこがいい。

いや、それでいい。

シンプルなのでいい。

シンプルでうまい。

 

うまくてシンプル=うまシン

これはもう、うまシンだ。

安くて、うまシンなのは最高だ!

 

③変わらない良さ

 

ぼくが焼きそばパンを一番好きな理由はこれです。

 

焼きそばパン「別に流行とか追ってないです」

なところ。

 

 

焼きそばパン「ハンバーガーが流行ってる?まぁ、自分は自分です」

な姿勢。

 

 

焼きそばパン「自分はファンのためにやるだけです」

な心意気。

 

焼きそばパンはいつも変わらない。

どこまでいっても焼きそばパンなのだ。

ぼくは焼きそばパンに対して、どこか高倉健さんに近いものを感じている。

それは自分を貫いている姿勢だ。

そして、変わらない良さというのも感じる。

 

ぼくは今、自分を変えようとしている。

そう思ったからブログを始めてみたりもした。

変わる良さというものを実感してみたかった。

 

でも、それと同時に変わらない良さも大切にしたいと思っている。

自分の根っこの部分だったり、本当に好きなコト、好きな物、好きな人を簡単に変えたくはない。

 

今日、焼きそばパンはそんなコトをぼくに教えてくれた。

(いや、勝手に思った)

 

終わりに

 

焼きそばパンを作っている全ての関係者の方々へ

 

いつもおいしく頂いています。

焼きそばパンの変わらない良さが大好きです。

また買います。