読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わくわくしたいお

わくわく感を大事にしたいです。

久々にHysteric Blueの春~spring~を聴いたけども


【卒業ソング】ヒステリック・ブルー 「春~spring~」2002

 

Hysteric Blueの中古アルバムを買ったので、ここ最近ずっと聴いている。

特に「春~spring~」を中心に聴いてる(今、春だしね)

名曲ですね。ホントに。

春をテーマにした曲は山ほどあるけど、これは間違いなく日本が誇る春ソングだ。

 

ぼくがこの曲を初めて聴いたのは小学生の頃。

当時、Hysteric BlueJUDY AND MARYが流行っていた。

いや、流行っていたなんてものではない。

クッソ流行っていた。

 

もっと言うと、この曲が発売された1999年頃の邦楽は熱かった。

GLAY

L'Arc〜en〜Ciel

モーニング娘。

浜崎あゆみ

宇多田ヒカル

Every Little Thing

Dragon Ash

など流行っていた音楽が山ほど出てくる。

もう書ききれないレベルだ。

(最近、宇多田ヒカルが復活して切実に嬉しい...)

 

その中でも、Hysteric BlueJUDY AND MARYの曲を今聴くと、当時そのものを思い出す。というか、思い出せる。

汗をダラダラかきながら自転車を漕いで、買ったばかりのコロコロコミックとコカコーラ1.5ℓをリュックに詰めて友達の家に向かった時のコトを思い出した。

友達の家でコカコーラが爆発したのは言うまでもない。(あの時はごめんよ。)

 

Tama*1YUKI*2は2人とも個性的(特徴的)な声の持ち主だ。

似ている声の人がいそうでいない。

(厳密に言うと、人間は全員が個性的な声の持ち主だけども)

個性的な声ってのは、脳裏に焼きつく。記憶に残る。

 

まさか、「春〜spring〜」を聴いて、数十年前にコカコーラを友達の家で爆発させたコトを思い出すとは思わなかった。

ぼくの脳みその何らかの部分が繋がったんだろうな。

人体は不思議だ。

記憶に残る人ってすごいわ。

*1:Hysteric Blueのボーカル

*2:JUDY AND MARYのボーカル