読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わくわくしたいお

わくわく感を大事にしたいです。

映画『シビル・ウォー/キャプテンアメリカ』を観た感想〜祝!スパイダーマン出演〜

 f:id:mocchanchan:20160502194331j:plain

入場の時にもらったポストカード

場所:札幌シネマフロンティア

 

どうも、1番好きなアメコミキャラクターは「スパイダーマン」のもっちゃんです。

映画『シビル・ウォー/キャプテンアメリカ』を2D吹き替え版で観てきました。

キャプテンアメリカの最新作というよりは、ほぼアベンジャーズという内容でした。

若干ネタバレありです。

 

言いたいのは一つだけです。

「待ってたよ、スパイダーマン

スパイダーマンのコトばかり書きます。

 

 

スパイダーマン役のトム・ホランドが良い

 

彼がめちゃくちゃ良かったです。

トム・ホランドスパイダーマンが良かった理由は、さわやか美少年なのにオタクっぽさが滲み出ていたところです。

日本人の役者だと神木隆之介くんに近い雰囲気を感じました。

 

サム・ライミ監督のスパイダーマンと原作コミックのスパイダーマンが好きなぼくにとって、ピーター・パーカー(スパイダーマン)にオタクっぽさがあるか、ないかは非常に重要な点です。

※原作のピーター・パーカーは科学オタクです。

マーク・ウェブ監督の「アメイジングスパイダーマン」でピーター・パーカーを演じたアンドリュー・ガーフィールド氏にはオタクっぽさを感じられませんでした。(でも、原作の軽口を叩きながら戦うというのは再現されてて嬉しかった。)

 

その点、今作のスパイダーマンは「オタクっぽさ+軽口を叩きながら戦う」というこれまでの映画版スパイダーマンを足して2で割り、原作にまた一歩近づいた印象です。

トム・ホランドくんは超さわやかイケメンなんですが、見事にオタクっぽさを出していました。

 

トニー・スタークとピーター・パーカーの初顔合わせ

 

こういうの観たかったんだよ...。

トニー・スターク(アイアンマン)がピーター・パーカー(スパイダーマン)を仲間に入れるべく、ピーター家にお邪魔するシーン。

2人の初顔合わせ

お笑い要素もあるシーンなんですが、このシーンのわくわく感は異常でした。

 

ぼくはこんなシーンを4年前から待ち望んでいました。

映画「アベンジャーズ」の時からです。

アベンジャーズを観た時に「スパイダーマン出ないの?!」「何で何で何で!?」と思いました。

そして、「アベンジャーズ2(エイジ・オブ・ウルトロン)」にも出演はなし...。

まぁ、映画化権の関係上不可能だったわけですが...(後述します。)

それが叶って、実際に観た時の感動はひとしおでした。

 

ゲスト出演?いやいや、ガッツリ映るよ!

 

事前情報ではスパイダーマンはゲスト扱いをされいたんですが、実際に観てみたらガッツリ映ります。

バトルシーンに至っては、めっちゃ見せ場を作ります。

むしろ、スパイダーマンの戦闘が一番目立ってたかも。(出演祝いというコトですかね。)

これは観てのお楽しみです。

 

大人の事情を乗り越えた

 

一番何が言いたいかというとこれです。

今作の凄いところは、大人の事情を乗り越えた点です。

もちろん、映像や脚本も凄いです。

 

今まで、映画版アベンジャーズにスパイダーマンが出演するコトはできなかったんです。

出たくても、出られなかったんです。

スパイダーマンだって、ホントは出たかったろうに...。

それをファンみんなが待ち望んでいました。

ぼくもその1人です。

 

出演できなかった理由を簡単に言うと、映画化権を持っている会社が違うからです。

マーベル・コミックから発行されている原作のコミックでは、スパイダーマンもアベンジャーズのメンバーとして戦っているのに...。

 

しかし、映画となれば話は変わります。

「アベンジャーズ」の映画化権はマーベル・スタジオ(ウォルト・ディズニー)が持っていて、「スパイダーマン」のはソニー・ピクチャーズ(コロムビア・ピクチャーズの親会社)が持っています。

お互いにどのような交渉があったのかわかりませんが、長年その権利を「使っていいですよ」とはならなかったんです。(ソニーが拒否した説もあります。)

 

でも、ついにソニーとマーベルが手を組みました。パートナーシップ提携を発表。そして「シビルウォー/キャプテンアメリカ」が公開。

権利を譲り渡すとかではなく、「アベンジャーズ」にスパイダーマンが出演しても、「スパイダーマン」にアベンジャーズが出演しても、そこで発生した利益をお互いもらわない契約のようです。

なんだかすごいな...。

 

おわりに

スパイダーマンのファンとして今作は最高でした。

作品自体はかなりシリアスな内容なんですが、待ちに待った新スパイダーマンが映画「アベンジャーズ」の世界で活躍しているのを観ると、わくわくドキドキが止まらなかったです。

スパイダーマンの単独映画も2017年公開というコトで今後も楽しみです。

それと、数年後トム・ホランドくんが爆発的な人気になると先に言っておきます。

彼の愛くるしいルックスと演技は、世界中の人を魅了しますね。たぶん。うん。