読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わくわくしたいお

わくわく感を大事にしたいです。

久々の高額オークションにちょっぴり不安

久々にネットオークションで3万円ほどの物を落札したけど、取引が若干不安になる出品者に当たってしまった。

 

落札後のやり取りの中で出品時の説明と違うコトを言ってきたり、連絡が遅かったり、発送も当初より遅くなりそうだ。

う〜ん。

評価は悪くはないけども、あれはあくまでも判断基準でしかない。

ネットの取引ってこんなコトがたまにあるから怖い。

高額商品は黙ってネットショップか実店舗での購入が安心安全ですね。

 

ネットオークションは安く買える可能性が高いし、高く売れる可能性も高いけど、それだけリスキーでもある。

ハイリスク、ハイリターンだ。

これは10年以上前から何も変わってない。

ブックオフに売ってる本やCDの中に、たまに誰かの写真とか入ってるけど

ああいうのは、ちょっとびっくりする。

別に心霊写真とかでもないんだけど、ちょっとびっくり。

買う前に気づいたら、店員さんに「中に写真入ってましたよ」とか言って渡せるけど、家に帰ってから気づいた時のパターンがドキッとする。

「あっ、挟まってる...」 

 

しかし、この写真達の生命力は高い。

売る前に気づかない持ち主。

気づかないで棚に並べる店員。

買う時に気づかないぼく。

この3枚の壁を突破してきている。

 

ある意味、運命的な出会いとも言えるのかもしれない。

いや、写真というもの自体に何か力が宿ってるのかな。

謎だ。

 

たまに切手とかが挟まっている時もある。

その時は有難く頂戴するようにしている。

あっ、写真に力が宿ってる件...関係ないのかも。

チャンピックス服用28日目〜4週間経過して思うコト〜

禁煙23日目。

禁煙をして、「3日目、3週間目、3ヶ月目、3年目」など3のつくタイミングにニコチン依存の離脱症状が出るとか言われてますが、3週間目に入った今、特に問題なく生活できています。

正直、3日目の方が明らかに辛かったです。

 

先日、タバコを吸わない友達と遊んだ時に禁煙してるコトを言ったら、結構喜んでたのが嬉しかったです。

今まで、ぼくがタバコを吸う度に「気にしないで吸っていいからね」と言いつつも、若干顔をしかめてた友達。

話を聞いたら、結構煙が苦手だったみたいです。

今までごめん...。

禁煙した今だからこそ、その友達の気持ちがわかるようになりました。

 

禁煙が他者から喜ばれるってのは、結構いいものです。

イチローが日米通算4257安打を達成した

メジャーリーグマーリンズイチローピート・ローズが持つメジャー最多安打記録を超える日米通算4257安打を達成した。

この記録に対して、「日本のプロ野球の記録を含めるな」など色々と議論されているけども、イチローが一番多くのヒットを打った人間であるコトは間違いない。

とんでもない記録だ。

 

15年以上前(もっと前かも)、オリックスイチローが出場した試合を小学生の時に家族で観戦したコトがある。

外野自由席のライト側に座り、ネットを挟んではいるもののイチローがすぐ目の前にいた。

その時からイチローは、超・超・超人気選手だった。

 

イチローのファンだったぼくも球場でイチローのテレカやクリアファイル、メガホンを買って、応援していた。

周りに座っていた同じくらいの年の子たちと一緒に「イチローさーん!」など声をかけると、手を振ってくれたり、スリーアウトチェンジの際にボールを外野に投げ入れてくれたりして、嬉しかった。(ボールは取れなかったけど。)

その時から、ファンサービスの精神がすごい人だと子供ながらに思った。

アメリカでも大勢のファンがいる理由は、このファンサービスの面が相当大きいはずだ。

覚えてる限り、すごい気さくな人だった。

今思うと、超・超・超貴重な体験をした。

 

次は、メジャー通算3000安打。

その瞬間をテレビの前で観られたらいいな。

 

MLB イチロー ~シアトル・マリナーズ~ [DVD] 

このDVDめちゃくちゃ良い内容なんだけど、廃盤になってしまった...。

再販しないのかな?

Playstation VRの「シネマティックモード」で映画を体験してみたい

Sony PlayStation VR ( Import - EU. )

今、話題のPlayStaion VR(PS VR)。

ついに発売日が2016年10月13日に決定した。

仮想現実を楽しめる機器だ。

 

その中でもぼくが一番注目しているのは、「シネマティックモード」というシステム。

ゲーム、映画、Youtubeなど全ての映像に使用できるとのコト。

約200インチほどのスクリーンが目の前に映し出されるらしい。

しかも、寝っ転がって使用するコトもできるらしい

まだ体験していないからわからないけど、もしこの内容が本当に実現するならば、ぼくは映画館に行かなくなる可能性がある。

 

あとは音響だ。映画館の醍醐味は音響である。

でも、その音響も今話題の「ハイレゾ音源」「ハイレゾ対応ヘッドフォンやスピーカー」に対応して臨場感のあるサウンドを得られるようになったら、映画館に行って映画を必要性がなくなるのかもしれない。

 

時代は着実に進化している。

映画館の今後はどうなるんだろうか。

4DXやIMAX3Dなどの上映方式なら差別化はできるだろう。あれば、ほぼアトラクションのような作りだ。

でも、ただの2D作品レベルなら、家庭で楽しみを完結するコトができる日が来るんだろうな。

より一層、映画館の生き残りが厳しい時代に突入している。